第1回CoderDojo岐阜 開催レポート

  • -
    コピー

2019年6月15日(土)9時30分から、みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオにて、第1回CoderDojo岐阜を開催しました。

前回、第0回ということで親子で参加していただくScratchワークショップを開催しましたが、今回からは通常開催ということで、以下の2つのテーブルを用意してそれぞれ参加申し込みをいただきました。

  • 【初参加者限定】Scratchオリエンテーションテーブル
  • Scratchテーブル

初参加者限定のオリエンテーションテーブルを設けることによって、参加者の新陳代謝を最低限行なっていけるようにしています。

開催内容

今回から【初参加者限定】Scratchオリエンテーションテーブルというものを用意して、まずはScratchを触ってみたいというニンジャに導入部分だけをサポートしていこうと考えています。

内容としては、先日開催したワークショップの題材として利用したシューティングゲームを作るというものです。こちらのスライドなどは公開しているので、ご家庭で試してみてもらうこともできます。

参加申し込みがあったのは、オリエンテーションに2名、Scratcテーブルに2名の合計4名でしたが、当日パソコン持参で飛び込みしてくれたニンジャも2名(おばあちゃんが引率してくれてた)参加してくれてニンジャは合計6名になりました。

僕(チャンピオン久野)は家庭の用事で中抜けしましたので全体像は把握できていないので、各メンターに感想コメントをいただいたので、そちらを抜粋して紹介させていただきます。

メンター いとうさん

お姉ちゃんの方は、最初、パソコンの操作になれてなくて、マウスの左クリックと右クリックで、戸惑っていましたが、そんなパソコン初心者の女の子でも、2時間で自分好みのゲームを、プログラミングを完成させて行かれました。

メンター まなさん

2回目参加の方は、特にこちらが何も言わなくても自主的にプログラミングに取り組んでいました。前回つくったゲームを自分なりに改良して、なにか躓いても工夫して解決していったので、とても感心しました。
参加されていたのは姉弟だったのですが、お姉さんが弟さんにアドバイスをしたり、弟さんもわからないところを「どうやっているの?」ときいたりしていたのが印象的でした。また、お母さんもふたりの様子を見ながら、作品をほめたり内容をきいたりしていらっしゃいました。メンターが入っていかなくても、参加者で切磋琢磨している感じがいいなぁと思います。

CoderDojo岐阜 メンター 吉川圭太
メンター けいたさん

2人は前回からの参加で前回作ったゲームの続きを改良していましたが、不具合が発生してなかなかうまく行かずに時間内では解決できませんでした。こういうエラーを解決していくのもプログラミングの面白さの一つだと思います。
初参加の4人のニンジャはみんな小学生の低学年くらいで、PCの操作も苦労していましたが、なんとかオリエンテーションの基本編はクリアしていました。応用編は時間がたらずに途中になってしまいましたが、次回も参加して続きを完成させられると良いなと思います。

CoderDojo岐阜 メンター 今西昭男
メンター いまさん

オリエンのテーブルは、事前に用意をされていない(Webサイトを見ていない)家族は、スタートの前段階で躓いてしまって、その他の子供たちを待たせてしまうことになりました。これは、反省点ですね。。
スタートすると、自分たちで考えたり親御さんが手伝ったりして皆んなで解決している感じはよかったです。作ったものが動くことに笑顔が出たり、姉妹で意見を言い合ってるのは見てて嬉しかったですね。

CoderDojo岐阜 チャンピオン 久野晃司
チャンピオン くのさん

家庭の用事で中抜けしましたが、1時間半ほど参加しました。

今日はScratchテーブルに陣取りMakeblockのHalocodeをいじいじしていました。開催場所は「かんがえるスタジオ」という場所ということもあり、メディアコスモス内ではかなり目立つスタジオになります。ローソンの向かいにあるのでいろんな方が中を気にして見ていただけるし、入り口に看板を立てているのでそちらを見ていただけたり、チラシを手にとっていただけたり…。

その中で、二組の親子さんにお声がけいただき、一組の親子さんは後ほど見学にも来ていただけました。こうやってたくさんの方に活動を見ていただき、認知を広げて行けたらなと考えています。

全体の反省点としては、オリエンテーションを始める時点でPCのセットアップなどが完了していなかったりして、スタートの足並みが揃わなかった点は改善するべき点となりました。

また、Scratchテーブルはその名の通り「Scratchをもくもくする」テーブルということなのですが、そうすると「Scratchしかやっちゃいけないの?」と思われてしまいがちなので、名称を「もくもくテーブル」などといったものに変更し、色々なことに挑戦できるという意識をニンジャに持ってもらえるように道場として配慮していかないといけないな、という意見が出ました。

開催情報

日時2019年6月15日(土)
9:30〜11:30
みんなの森 ぎふメディアコスモス あつまるスタジオ
メンター人数5名
ニンジャ参加人数6名

開催状況の様子

写真撮影・公開の同意はいただいておりますが、削除を依頼したい場合にはお問い合わせページなどからご連絡ください。迅速に対応致します。

今回いただいた寄付金

今回、会場内に設置させていただいていました寄付金箱に¥2,750のご寄付を合計でいただきました。ありがとうございました!!

みんなの森 ぎふメディアコスモス 外観

開催予定・最新情報

最新情報は当ウェブサイトと各SNSより配信しております。

現在確定している開催情報はこちらでご確認いただけます。基本的に約4ヶ月先までの開催予定が確定され、掲載されています。

スポンサー

直接物資で支援

Amazonの欲しいものリスト機能を利用して、お金ではなく物資で支援していただくことも可能です。

CoderDojo岐阜に参加してくれる子供たちにすぐに活用してもらえるものばかりをセレクトしてあります。

この記事を書いた人

くの こうじ

フリーランスWeb制作者。オレインデザイン代表。ほとんどWordPressの人。WordPress Core Contributor/Translation Contributor/Meetup Organizer/Theme Developer。CoderDojo岐阜チャンピオン/Gifu WordPress Meetup 共同オーガナイザー/Webクリエイターズ岐阜の運営

5歳・3歳男児の父親です。